矢倉の特徴と手順

スポンサードリンク

矢倉囲いの特徴

矢倉の画像

矢倉は相居飛車戦でよく使われる囲いです。

 

上部に手厚く上からの攻めに強いですが、横からの攻めと端攻めに弱いのが特徴です。

 

特に玉の横の金を取られると一気に弱体化するので、その金が攻められないよう常に注意しながら指しましょう。

 

逆に矢倉を相手にする場合は積極的に玉の横にある金を狙うのがおススメです。

 

 

対振り飛車には向かない

 

普通は対振り飛車戦に用いられることはありません。

 

対振り飛車はお互い横から攻める展開になりやすいので、横からの攻めに弱い矢倉は不向きだからです。

 

 

が、最近は角交換振り飛車相手に矢倉で戦う将棋が増えてます。
これは振り飛車側が序盤に角を交換し、居飛車側の銀を無理やり8八に上がらせるからです。

 

 

この場合6七の金は一段下の6八に配置させることもあります。
そのほうが通常の矢倉より横からの攻めに強いからです。

 

もしくは角の打ち込みを気にして右の金を初期配置から動かさないという指し方もあります。

 

また、長期戦模様になると矢倉から穴熊への組み換えもあります。
持久戦模様になったときさらに堅くするということも狙えます。

 

 

矢倉の手順

 

初手から

 

▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲6六歩△6二銀▲5六歩△5四歩▲4八銀△4二銀▲5八金右△3二金▲7八金△4一玉▲6九玉△7四歩▲6七金右△5二金▲7七銀△3三銀▲7九角△3一角▲3六歩△4四歩▲3七銀△6四角▲6八角△4三金右▲7九玉△3一玉▲8八玉△2二玉 まで

 

矢倉の手順

 

 

以上がよくある矢倉囲いの手順です。

 

細かい部分をあげると難しくなるので省きますが、囲いの作り方のポイントは以下の2つです。

 

 

1.最初に角道を開ける
2.後手が△8四歩としたら▲6八銀とする

 

 

この2つが矢倉を構築する上で重要となってきます。

 

 

なぜ重要なのかというと、後手の飛車先の歩交換を銀で防ぐ必要があるからです。
「飛車先の歩交換3つの得あり」という格言があるように、無条件で飛車先の歩を交換されるのはあまりよくないとされています。

 

交換を防ぐには相手の飛車先が伸びる前にあらかじめ角道を開けて銀を上げる準備が必要となります。

 

 

あと、銀でなく角で受けることも出来ますが、これじゃ矢倉に組みづらくなり駒組みが遅れる可能性があります。

 

駒組みが遅れると態勢が不十分なまま戦いになる場合があるので、それを防ぐためにも角ではなく銀で受けるようにしましょう。

 

 

矢倉の総合評価

矢倉の総合評価

 

横歩取り以外の相居飛車戦でよく現れる形なので、居飛車党は絶対に避けて通ることの出来ない囲いです。

 

囲うまでに若干時間が掛かりますが、しっかりと囲えば強い戦いに持ち込むことができます。

 

しかし、硬さに関しては端と横を攻められると弱いので、無理に受けると一方的に寄せきられることもしばしば。

 

攻めあいに持ち込むなど強気の対応を心がけるようにしましょう。

 

 

カニ囲いの特徴と手順


スポンサードリンク