舟囲いの特徴と手順

スポンサードリンク

舟囲いの特徴

舟囲いの画像

舟囲いは対振り飛車戦でよく使われる囲いです。
振り飛車党はよく目にすることでしょう。

 

 

見ての通り非常に簡素な囲いなので、すぐに組み上げることが可能です。

 

ここから急戦を仕掛けることも出来ますし、左美濃、穴熊などの囲いへ進展させることもできます。

 

むしろ最近は隙あらば穴熊の将棋が多いので、舟囲いはより強い囲いを目指すうえでの通過点という感じです。

 

 

上からの攻めに弱い

 

特徴としては横からの攻めにはある程度強いですが、上からの攻めに弱く、角の上に香車や桂馬を打たれると危険です。

 

特に下段に飛車を打ち込まれてから角頭や玉頭を攻められると、上と下からの挟み撃ちとなり非常に危険です。
舟囲いの典型的な負けパターンなのでこの攻め筋には気をつけましょう。

 

 

また、舟囲いの相手はほとんどが振り飛車の美濃囲いです。

 

舟囲いよりも美濃囲いの方が堅いので、単純に攻め合うと堅さ負けすることがほとんどです。

 

相手の攻め駒が働かないようにするために、しっかりと押さえ込む力が要求される囲いと言えます。

 

 

舟囲いの手順

 

初手から

 

▲7六歩△3四歩▲2六歩△4四歩▲4八銀△4二飛▲5六歩△6二玉▲6八玉△7二銀▲7八玉△7一玉▲9六歩△9四歩▲5八金右 まで

 

カニ囲いの画像

 

居飛車対四間飛車のよくある手順です。

 

相手の飛車の位置がどこであれ、舟囲いの作り方には共通する2つのポイントがあります。

 

1.玉は二段目に移動させる
2.玉側の端歩は受ける(穴熊にしない場合)

 

玉が一段目だと横から攻められた場合にあたりが強く、穴熊や左美濃への組み換えもやりづらいです。

 

そして端歩が突いてあると、玉が追い詰められたときの逃げ道として使えます。

 

端歩がついてあるだけでギリギリ詰まないということもよくあるので、余裕があれば突き、逆に相手から突かれたら受けるようにしましょう。

 

 

また、画像では右の金が5八の地点に上がっていますが、角交換系の将棋では4九の地点のまま戦うこともあります。
これは角の打ち込みを気にした配置で、堅さよりもバランスを重視した指し方です。

 

相手の戦法によって微妙に形が変わるので、その辺の感覚は実戦を通しながらつかんでいってください。

 

 

舟囲いの総合評価

カニ囲いの画像

 

舟囲いはあまり堅くないですが、「広さ」という別の意味での玉の守りがあります。
これをうまく使えるかどうかが舟囲いで勝つコツです。

 

非常に囲いやすく完成までの手数も少ないので、速攻を仕掛けやすいという面では優秀です。

 

金銀を前面に押し出して押さえ込む展開も望めますが、守りが薄くなるので失敗したときのリスクはかなり高いです。

 

また、玉の堅さ負けが終盤に響き、逆転負けしやすいです。

 

 

左美濃の特徴と手順


スポンサードリンク