金無双の特徴と手順

スポンサードリンク

金無双の特徴

金無双の画像

金無双は相振り飛車でよく使われる囲いです。

 

相振り限定の囲いと言ってもいいので、居飛車党は実戦で目にする機会は少ないでしょう。

 

 

相振り飛車の囲いの中でも組むまでの手順がわかりやすく、すぐに囲うことができるので、早い戦いに強いのが特徴です。

 

また、ここから矢倉や銀冠へ発展することも出来ます。

 

 

弱点は壁銀とコビン攻め

金無双は銀が玉の右側にあります。
これは壁銀と言われ、あまりいい形とはいえません。

 

横から攻められたとき玉の逃げ道を塞いでいるので、むしろいない方がマシなくらいです。

 

 

また、金無双は4筋の玉のコビンが弱点で、歩を連打されて拠点を作られると超危険な状態になります。

 

相手に多くの歩を渡すとすぐ攻められるので、攻める際は相手に反撃の余地を与えないつもりで攻めましょう。

 

 

金無双の手順

 

初手から

 

▲7六歩△3四歩▲6六歩△3二飛▲7八銀△6二玉▲6七銀△7二銀▲7七角△7一玉▲8八飛▲4二銀4八玉△3五歩▲2八銀△3六歩▲同歩△同飛▲3七歩△3四飛▲3八玉△5二金左▲5八金左△7四歩▲4八金上 まで

 

金無双の手順

 

向かい飛車対三間飛車の相振り戦です。

 

 

金無双の作り方は相振りのほかの囲いよりも簡単ですが、気をつけて欲しいポイントが1つあります。

 

それは、後手の3筋の歩交換に対して歩を打つことです。

 

 

歩を打たないで指す方法もありますが、拠点を作られたりして駒組みに制約を受ける場合があります。
無難に金無双に組んで戦いたいなら、さっさと歩を打って飛車を追い返したほうがわかりやすいです。

 

もちろん打たずに指す順も有力なので、上達にあわせてそちらの方法も挑戦してみるといいでしょう。

 

 

金無双の総合評価

金無双の総合評価

 

金無双は組むまでの手順がわかりやすくスムーズに囲えます。

 

しかし、堅さに乏しく壁銀が玉の逃げ道を塞いでいるので、手厚く攻められるとすぐ崩れる一面があります。
サッと囲って速攻を狙う指し方が向いている囲いなので、急戦調の将棋が好みの人はおススメです。

 

 

美濃囲いの特徴と手順


スポンサードリンク