将棋の上達に年齢は関係ない

スポンサードリンク

将棋の上達と年齢は関係ない

将棋は頭脳戦です。
頭を使って戦うゲームです。

 

勝つには記憶力や頭の中で駒を動かす力が必要となってきます。

 

 

しかしこの記憶力などの頭を使う力ですが、一般的に年齢を重ねるごとに落ちていくと言われています。

 

なので、大人になってから将棋を始めても遅いと感じ、子供の頃からやっておけば良かったと感じることがあると思います。

 

 

確かにプロレベルを目指すのであればそうかもしれません。

 

プロのほとんどが子供の頃から将棋をやっていますし、小学生で既に大人を負かすほどの実力だったというのは当たり前というレベルです。

 

ある意味別の次元の人たちです。

 

 

しかし、プロを目指しているわけではない僕たちアマチュアはそういうことを気にする必要はありません。

 

 

 

趣味の範囲で初段を目指す程度であれば、年齢はほとんど関係なく達成できるレベルです。

 

人によって1日の中で将棋に使える時間は様々だと思いますが、目標を持って継続して努力すれば初段になれます。

 

 

1日5分だけ詰め将棋を解くなど、少しの時間を見つけて勉強すれば上達するはずです。

 

年齢を理由に弱気になる前に今できることだけに集中しましょう。

 

 

これは将棋だけに限らずどんなことにもいえる上達の秘訣です。

スポンサードリンク