将棋上達のコツ

スポンサードリンク

上達のコツは継続すること

将棋が強い人ならその人独自の上達法が1つや2つあることでしょう。

 

自分なりにコツをつかみ、独自に工夫を重ねているわけですね。

 

 

そんな強い人たちに共通することといえば、少しだけでもいいので毎日将棋の勉強をしていることです。

 

5分間だけ詰め将棋を解いたり隙間時間に次の一手を解いたりなど、とにかく何かしらの形で将棋に触れています。

 

 

将棋は勉強すればするほど上達しますが、逆にやらない期間が増えるとガクッと弱くなってしまいます。

 

このガクッと下がる範囲は人それぞれなので、あまり下がらない人もいるかもしれません。
が、将棋から離れる期間が長いほど、確実に実力は下がるものと考えていいでしょう。

 

 

それを防ぐ唯一の方法は、できるだけ毎日将棋に触れることです。

 

 

毎日将棋に触れることで感覚が鈍るのを防ぎつつ、定跡や手筋の記憶をより濃く覚えることが出来ます。

 

 

毎日多くの時間を将棋に使える人は少ないと思いますが、空いた時間を駆使してできることをやってみましょう。

 

 

1日の時間を見返してみると意外にに空いた時間は見つかります。
見つからなければ時間を作るよう工夫しましょう。

 

 

テレビを見る時間を30分削る。

 

シャワーの時間を5分短くする。

 

いつもより10分速く起きる。

 

 

このようにするだけで45分の時間を作れます。
45分もあれば1局は対局できますよね。

 

 

 

また、隙間時間を活用するのもおススメです。

 

 

例えば、移動の時間に詰め将棋を解く。

 

パソコンの起動時間の間に次の一手を解く。

 

 

1日でみればわずかな時間の勉強でも、これが1週間、1ヶ月と続くとかなりの勉強量になります。

スポンサードリンク