おススメの序盤の本

スポンサードリンク

将棋初心者におススメの序盤の本

ここでは将棋初心者におススメの序盤の本を紹介します。

 

とは言ったものの正直なところ序盤の本は「あなたが指す戦法の本を選んでください」と言うことくらいしか出来ません。

 

なぜなら、あなたが居飛車で指すか振り飛車で指すかによって選ぶ本が決まるからです。

 

 

 

例えばあなたが居飛車中心で指すとしましょう。

 

この場合考えられる戦型は居飛車対居飛車の「相居飛車」か居飛車対振り飛車の「対抗型」の2つです。
最低限この2つの戦型をカバーする必要があるので、序盤の本はこの2つの戦型を紹介した本がおススメということになります。

 

振り飛車対振り飛車の「相振り飛車」は飛車を振らない限り実戦に現れることはないので、居飛車で指す場合は相振り飛車の本は重要度が低くなります。

 

 

逆に振り飛車中心で指す場合は相居飛車の本の重要度が低くなり、相振り飛車の本の重要度が高くなります。

 

 

このようにあなたが「どの戦法を指すか?」によって選ぶべき序盤の本が決まります。

 

以上のことを踏まえた上で序盤の本を選ぶようにしましょう。

 

 

 

指す戦法に関係なくおススメの本

 

先ほどは「あなたが指す戦法の本を選んでください」と言いましたが、居飛車党振り飛車党問わずおススメしたい本があります。

 

それがこちらの「将棋・序盤完全ガイド振り飛車編」「将棋・序盤完全ガイド相居飛車編」です。

 

将棋・序盤完全ガイド 振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)

 

将棋・序盤完全ガイド 相居飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)

 

この本は定跡書ではなく、どちらかというと読み物に近い感じです。
代表的な戦法の概要やプロ間で流行した(または廃れた)背景などを図面を交えながら詳しく紹介しています。

 

本書で紹介していることを知らなくても将棋は十分指せますが、知っていることでより将棋を楽しめることになるのは間違いないです。

 

また、この本で紹介されている戦法で気に入った戦法を選ぶという「戦法のカタログ本」という使い方も可能なので、どんな戦法を指せばいいか悩んでいる人にもおススメです。

 

⇒おススメの中盤の本はこちら

スポンサードリンク